審査基準

 

各部門の審査基準は以下のとおりです。全ての提出物を対象に次の観点から審査を行います。

 

▷アイディアチャレンジ部門:

◇アイディアの革新性
◇メディア芸術データベースの活用度
◇プレゼンテーション(プレゼンテーションシートを含む)の説得力
◇アイディアの水平展開・発展可能性
◇メディア芸術データベースの価値向上への貢献

 

▷データバリュー部門:

◇データの持つ社会的価値(人々のニーズを満たすか)

◇データのクオリティ
◇メディア芸術データベースの活用度
◇プレゼンテーション(プレゼンテーションシートを含む)の説得力
◇データの水平展開・発展可能性

◇メディア芸術データベースの価値向上への貢献

 

▷ビジュアルクリエイション部門:

◇ビジュアライズ作品のクオリティ
◇ビジュアライズ作品のユニークさ(気づきの観点)
◇メディア芸術データベースの活用度
◇プレゼンテーション(プレゼンテーションシートを含む)の説得力
◇ビジュアライズ作品の水平展開・発展可能性
◇メディア芸術データベースの価値向上への貢献

※1次審査の結果、最終審査イベントに出場いただく応募者の方には、締め切り後一週間以内にお知らせします。

【重要】エントリー作成にあたって

 

本コンテストでは、全部門において、エントリーの中でメディア芸術データベースを活用しているかも評価基準のひとつになっています。たとえば、以下のような特徴を活かしたエントリーは、メディア芸術データベースを活用しているとして評価が高くなると想定されます。

  • 個々の作品や作家などにメディア芸術データベースのID やデータベースのURLが紐付けられており、様々な他のデータやサービスの連携に使えること

  • マンガ、アニメーション、ゲーム、メディアアートの複数の領域にまたがるデータであること

  • 誰でも無料でアクセスできることや、データのコピーなどについてライセンスが備わっていること